stevecarell600のブログ

research and development in Aerospace and Defense

装甲車市場は2030年までに急成長する見込み

世界の 装甲車市場 の価値は2022年に195億ドルでした。 2023年の222億ドルから2030年までの339億ドルに達すると予想されます。これは、予測期間中の推定年平均成長率(CAGR)が6.2%であることを示しています。 。


つまり、装甲車市場は2023年から2030年まで年平均6.2%ずつ成長し、今後数年間着実に規模が大きくなると予想される。全体の市場価値は今年約220億ドルから2020年まで上がると見込まれる。 2030年には約340億ドルに達するでしょう。


情報源:


https://www.fortunebusinessinsights.com/jp / industry-reports/armored-vehicle-market-101817 
より引用


装甲車市場で扱う主要企業のリストは次のとおりです。


BAEシステム(イギリス)
ゼネラルダイナミックスコーポレーション(アメリカ)
ラインメタルAG(ドイツ)
Krauss-Maffei Wegmann GmbH (ドイツ)
Denel SOC Ltd(南アフリカ共和国)
IVECO防衛車両(イタリア)
NORINCOGROUP.com Inc. (中国)
Oshkosh Defense, LLC Oshkosh Corporation 会社(アメリカ)
KOCグループ会社Otokar(トルコ)
テキストロンシステムズ(アメリカ)
ダイナミックで絶えず変化する現代世界では、装甲車は戦場環境を形成する上で重要な役割を果たしてきました。この強力に強化されたプラットフォームは、世界中の軍隊のための強化された保護、火力の増加、および移動性の向上を提供する必要性に基づいて継続的に発展してきました。


装甲車 市場の基礎
装甲車両の歴史は、第1次世界大戦中、塹壕戦のデッドロックへの対応としてタンクが初めて登場した20世紀初頭にさかのぼります。イギリスマークI(British Mark I)やフランス戦車(French Mark I)などの初期の大型手袋車両Renault FTは、敵陣を突破し、直接火力支援を提供し、乗組員をある程度保護するように設計されています。


その後数十年にわたり、装甲車の開発は、手袋材料、武器システム、推進技術の発展を通じて継続的に進められてきました。米国のM4 ShermanやドイツのPanzer IVなどの象徴的な第二次世界大戦タンクから、今日の現代式主力戦車(MBT)や歩兵戦闘車両(IFV)まで、装甲車の進化は必要に応じて行われました。戦場で戦略的優位性を維持するため。


装甲車 市場の多面的な役割
装甲車は重武装したリムーバブルプラットフォームとしての伝統的な役割を超えて進化し、現代の軍事作戦で様々な機能を果たしています。


主な戦闘タンク(MBT)
最も象徴的で支配的な装甲車両である主力戦車は、地上戦の最前線に残っています。この重装甲とよく武装したプラットフォームは、敵の装甲部隊と交戦して撃破し、直接的な火力支援を提供し、機械化軍の先封役として役立つように設計されています。


MBT技術の最近の発展は、火力、モビリティ、および生存率を向上させることに焦点を当てています。これには、最先端の銃システム、反応手袋、能動防御システムの統合、ならびに最先端のセンサーファミリと射撃制御システムの統合が含まれます。


歩兵戦闘車両(IFV)
主力戦闘タンクの役割を補完する歩兵戦闘車両は、現代の機械化歩兵部隊の重要な要素として登場しました。この装甲プラットフォームは歩兵部隊を輸送し支援するように設計されており、戦場である程度の保護と火力を提供します。


IFVは一般的に機関砲、対戦車ミサイル、グレネードランチャーなどの様々な武器システムを備えており、歩兵と軽装甲ターゲットの両方と交戦することができます。さらに、多くのIFVにはモジュラー設計があり、特別な機器とミッション固有の機能を統合できます。


装甲車(APC)
装甲車は機械化歩兵部隊の中枢として機能し、戦場から軍隊に保護された輸送と移動性を提供します。この車両は、保護、搭載量、機動性のバランスをとるように設計されており、歩兵を交差点まで安全に輸送することができます。


APCは相手に比べて火力が不足している場合が多いが、兵力投射、兵力配置、兵参支援において重要な役割を果たします。 APCの発展により、改良された手袋、地雷、および急造爆発物(IED)保護機能と強化されたモビリティ機能が統合されました。


特殊装甲車 市場
従来のMBT、IFV、APCに加えて、装甲車環境では、それぞれ戦場で独自の役割を果たすように設計されたさまざまな特殊プラットフォームが登場しました。


これらの特殊車両には以下が含まれます。


手袋偵察車両
手袋エンジニアリング車両
装甲指揮および制御車両
装甲救急車
手袋回収車両
これらのプロフェッショナルプラットフォームは、保護やモビリティなどの装甲車両の重要な能力を活用して、偵察および兵士の任務から医療後援および復旧任務まで、幅広い軍事作戦を支援します。


装甲車 市場の技術発展
グローブ車両の開発は、致命性、保護、および移動性を向上させる必要性に応じて、継続的な技術発展を通じて主導されてきました。


鎧の材料とデザイン
装甲車産業における革新の主な分野の1つは、手袋の材料とデザインの進歩でした。複合手袋、反応手袋、能動防御システムの導入により、対戦車ミサイル、IED、鉄甲弾など、さまざまな脅威に対するプラットフォームの生存性が大幅に向上しました。


さらに、高度なモデリングとシミュレーション技術を統合し、装甲構成を最適化し、重量を最小限に抑え、モビリティを維持しながら、全体的な保護プロファイルを向上させました。


武器システムと射撃制御
装甲車両は武器システムと射撃制御能力においてもかなりの進歩を遂げました。高精度銃、誘導ミサイル、遠隔武器ステーションの統合により、これらのプラットフォームの殺傷性と交戦範囲が向上しました。


さらに、先端センサー、ターゲット追跡アルゴリズム、安定化メカニズムを統合した先進射撃制御システムの開発により、装甲車に搭載された武器システムの精度と効果性が大幅に向上しました。


モビリティと推進力
手袋車両の移動性と移動性を向上させることは、製造業者と防衛組織の主な焦点分野でした。エンジンと駆動技術の進歩と高度なサスペンションシステムの統合により、オフロード性能が向上し、スピードが向上し、敏捷性が向上しました。


さらに、ハイブリッド電気および電気駆動列などの代替推進システムの探求は、燃料効率を向上させ、運用コストを削減し、より環境的に持続可能な装甲車プラットフォームの開発に貢献する可能性を秘めています。


状況認識と接続性
熱画像カメラ、レーザー距離計、パノラマカメラを含む高度なセンサーファミリの統合により、手袋車両の乗組員の状況認識が大幅に向上しました。デジタルコマンドおよび制御ネットワークと組み合わせたこれらのシステムは、改善されたターゲット識別、意思決定、および全長にわたるリアルタイムの情報共有を可能にします。


さらに、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)技術を装甲車の乗組員ステーションに統合することで、状況認識、訓練、意思決定プロセスをさらに改善する可能性があります。


変化する動作環境
様々な脅威や作戦環境を特徴とする現代戦争の変化する特性は、装甲車両の配置や使用方法にも変化をもたらすことを要求しました。


非対称戦争と都市作戦
非伝統的な戦術の使用と対戦車の武器の拡散を特徴とする非対称戦争の増加は、中装甲プラットフォームの伝統的な支配力に挑戦しました。これにより、複雑な都市地形を探索し進化する脅威に対応できる、より機敏で機​​動性に優れた手袋車両の開発がさらに強調されました。


さらに、都市作戦の重要性が高まるにつれて、RPG、IED、および建設地域で一般的に直面する他の即時の脅威に対する保護が強化された装甲車の必要性が強調されています。


多国籍協力と相互運用性
軍事作戦がますます多国籍化されているため、手袋車両プラットフォーム間の相互運用性の必要性が最も重要になってきた。設計、通信プロトコル、並参支援を標準化する努力により、複数の国の装甲部隊の協力が強化され、円滑に統合されることができました。


相互運用性に関するこれらの探求は、モジュール式および拡張可能な手袋車両アーキテクチャの開発をリードし、ミッション固有の機器と機能をカスタマイズおよび統合することを可能にしました。


持続可能性と環境に関する考慮事項
持続可能性と環境責任に対する幅広い動向に基づき、装甲車産業もこれらのプラットフォームが環境に与える影響に取り組んでいます。これにより、ハイブリッド電気や純粋な電気駆動などの代替推進システムの探索、燃料効率の高いエンジンと高度な電力管理システムの統合が行われました。


また、業界では手袋車両の総重量と物流スペースを削減し、環境性能を向上させ、運用の柔軟性を向上させる方法を模索しています。


課題と考慮事項
手袋の車両環境が進化し続けるにつれて、国防組織と業界の利害関係者の慎重な探索が必要なさまざまな課題と考慮事項が現れました。


致死率、保護、モビリティのバランス
主な課題の1つは、致死率、保護、およびモビリティの間の正しいバランスをとることです。装甲車両の装甲保護や火力を高めると移動性が犠牲になることが多く、敏捷性と機動性を優先すると生存の可能性が低下することがあります。


防衛計画者は、装甲車両が効果的にミッションを達成するために必要なモビリティと保護機能を維持しながら、敵軍と効果的に交戦し、撃破できるようにする必要があるため、これらの繊細な妥協案を探索することが重要です。


コストに関する考慮事項と予算の制約
最先端の装甲車の開発と調達は、国防予算において大幅な財政的負担となる可能性があります。最新の技術、材料、および設計機能を統合する必要性はしばしばコストの上昇につながり、国家がこれらのプラットフォームを十分に確保し維持する能力を制限する可能性があります。


これらの問題を解決するには、手袋車のプログラムが長期的に持続可能で合理的な価格を維持することを保証する費用対効果の高い設計、モジュール式アーキテクチャ、およびライフサイクル管理への革新的なアプローチが必要です。

2028 年までのリージョナル ジェット市場の成長要因と競争展望

グローバル ローカルジェット市場は コロナ19ファンデミックの状況の中で驚くべき回復力を示しました。最新の業界分析によると、市場規模は2020年に94億ドルと評価され、年平均複合成長率(CAGR)6.8を反映して2021年には104億7千万ドルから2028年には165億8千万ドルに成長すると予想されています。 2021~2028年の期間の%。


情報源:


https://www.fortunebusinessinsights.com/jp/regional-jet-market-106235


CAGRの突然の急増は、地域のジェット機市場の強力な需要と成長の可能性を強調するため、特に注目に値します。世界がファンデミックから外れ、業界は地域ジェット機部門が先頭を走りファンデミック以前のレベルの活動に戻るなど、迅速な回復を準備しています。


地元のジェット機市場の弾力性は、ユニークな利点とより広い航空エコシステムで実行される重要な役割に起因する可能性があります。より小型で機敏な航空機は、地元のハブと2次市場を主要な輸送ネットワークに接続し、航空会社と乗客の両方の進化する好みに対応するのに非常に貴重であることを証明しました。業界がファンデミック以来の状況を乗り越えながら、収容力を最適化し、効率性を向上させ、よりパーソナライズされた旅行体験を提供する地域ジェット機の能力は今後数年間で加速された成長をリードするものと予想されます。


強力な技術発展パイプラインと持続可能な航空ソリューションの統合により、地域ジェット市場は変革の段階を経て、将来の航空輸送の重要な要素としての地位を確立します。航空会社と業界の利害関係者が市場の勢いを活用するにつれて、地域のジェット機部門は革新と接続性の重要な要因として浮上し、将来の航空旅行を体験する方法を形成する準備が整いました。


航空業界のダイナミックな環境では、地域ジェットは、私たちが航空旅行を経験する方法を再編する変革的な力として登場しました。より小型で機敏な航空機は、接続性、改善された効率性、カスタマイズされた乗客体験を提供し、航空会社と旅行者の両方の関心を引き付けるユニークなニッチを開拓しました。


地域ジェット市場の主要な主要企業のリストは次のとおりです。
エンブラエル(ブラジル)
エアバス(フランス)
レオナルドスパ(イタリア)
三菱重工業(日本)
De Havilland Aircraft of Canada Ltd(カナダ)
中国商用航空会社(中国)
United Aircraft Corporation(ロシア)
Antonov会社(ウクライナ)
地域ジェット市場の進化
地元のジェット機の概念は、航空会社が航空旅行市場の変化する需要を解決しようと努力し、1980年代に初めて注目を集めました。従来の大容量旅客機は、低密度の路線や地域のハブには適していないことが多く、そのため、これらの特別な要件を満たすように設計されたより小型で多目的な航空機が開発されました。


Bombardier、Embraer、Fairchild Dornierなどのメーカーの先駆的な努力は、地域ジェットの革命の道を開きました。より小さなサイズ、拡張された範囲、および改善された燃料効率を特徴とするこれらの初期モデルは、航空会社に小規模都市と二次市場を主要なハブと結びつける柔軟性を提供し、乗客により便利で直接的な航空旅行オプションを提供しました。 。


地域ジェット機市場の役割の拡大
地域ジェット技術が発展するにつれて、より広い航空エコシステム内でその役割も発展しました。かつてニッチ部門であったことは、今や様々な機能を果たし、航空会社や乗客の変化する要件を満たしつつ、業界の重要な要素となっています。


接続性の強化
ローカルジェット機の主な利点の1つは、小規模コミュニティと主要航空旅行ハブを接続する能力です。離陸および着陸の要件が短いこれらの航空機は、地域および地方空港で効率的に運航することができ、地域市場と大規模航空輸送ネットワークの間のギャップを効果的に埋めることができます。


このような接続性の向上は、特に人口が分散している地域やインフラが限られた地域では、地域のジェット機による航空旅行サービスへのアクセスが向上し、非常に貴重であることが証明されています。地元のジェット機は、主要なハブへの直行便を提供することで、乗客が長い経由時間や不便な接続なしで最終目的地により効率的に到着できるように支援しました。


容量と効率の最適化
地元ジェットは航空会社が運用と艦隊管理を最適化するための貴重なツールとして浮上しました。これらの小型航空機は、需要に合わせて容量を調整できる柔軟性を提供し、航空会社が提供範囲を適切に調整し、人口密度の低い路線で座席を過度に供給することを回避できます。


さらに、地域のジェット機に関連する改善された燃料効率と低運用コストにより、航空会社はより細い路線を収益性の高いサービスと新しい市場機会を探索することができました。この敏捷性は、進化する乗客の好みと変化する市場のダイナミクスに直面して、航空会社が変化するニーズに適応的に対応できるようにするのに特に有利でした。


乗客体験の向上
ローカルジェットは、運用上の利点に加えて、全体的な乗客体験を向上させる役割も果たしました。このような航空機は、座席数を減らし、乗客の快適さと快適さに重点を置いて、より親密でパーソナライズされた客室環境を特徴とすることがよくあります。


客室の小型化により、ファーストクラスやビジネスクラスなどのプレミアム座席オプションを導入し、こだわりのある旅行者のニーズに応えることが可能になりました。さらに、多くのリージョナルジェット機モデルでは騒音レベルが低減し、客室の与圧が改善されたため、機内での体験がより快適で楽しいものになりました。


進化する規制環境
リージョナルジェットの導入が加速するにつれ、世界中の規制当局は、これらの航空機が航空エコシステムに安全かつ効果的に統合されるように、ポリシーとガイドラインを調整する必要がありました。


米国では、連邦航空局 (FAA) がリージョナル ジェットの認証と運用に関する包括的な枠組みを確立し、航空機の設計、パイロットの訓練、メンテナンス要件などの要素に対応しています。ヨーロッパ、アジア、その他の地域の航空当局でも同様の規制枠組みが策定されており、リージョナル ジェットが現代の航空輸送の重要な構成要素として世界的に認識されていることを反映しています。


課題と検討事項
リージョナルジェットの台頭は間違いなく航空業界に数多くのメリットをもたらしましたが、航空会社とメーカーが乗り越えなければならない特有の課題や検討事項も生み出しました。


主な懸念事項の 1 つは、リージョナル ジェットが航空会社の全体的な収益性と持続可能性に及ぼす潜在的な影響です。これらの航空機の収容能力の低さと規模の経済性の低下により、場合によっては乗客 1 人あたりの運航コストが高くなり、慎重なルート計画と価格設定戦略が必要になります。


さらに、リージョナルジェットを既存の航空会社ネットワークに統合するには、インフラ、地上業務、パイロットの訓練に多大な投資が必要となり、一部の航空会社にとって財務上および物流上の障害となっています。


さらに、業界が持続可能性と気候変動に関する懸念の高まりに対処しようと努める中、リージョナルジェットの環境への影響、特に騒音と排出ガスの面における環境への影響は、ますます重要な考慮事項となっています。


リージョナルジェット市場の将来
航空業界が進化し続けるにつれて、リージョナルジェットの役割はさらに重要になると予想され、技術の継続的な進歩と航空旅行の需要の変化がこの市場の軌道を形作ります。


今後期待される開発の 1 つは、電気推進やハイブリッド電気パワートレインなどの新興技術をリージョナル ジェット機の設計に統合することです。これらの持続可能な航空ソリューションは、排出量の削減、運用コストの低減、より環境に優しい空の旅の体験を約束します。


さらに、ポイントツーポイント接続の強調が増加し、都市航空モビリティ(UAM)ソリューションが上昇するにつれて、地域のジェット機の適用がさらに拡大し、これらの航空機を複合輸送ネットワークにシームレスに統合し、新しい航空旅行を開発することができます。生態系。


業界がコロナ19ファンデミックによる課題と機会を乗り越えながら、地域ジェット機の弾力性と適応性は重要な資産になることができます。ニッチにサービスを提供し、柔軟性を向上させる能力は、航空会社がネットワークを再構築し進化する旅行者の好みに応えようと努めるにつれて、ますます重要になる可能性がある。


今後数年間、地元のジェット機部門は、航空輸送の未来を形成し、革新を促進し、接続性を強化し、乗客によりパーソナライズされた持続可能な航空旅行体験を提供するためにはるかに重要な役割を果たす準備ができています。

電子フライトバッグ市場の成長傾向分析と2032年までのダイナミックな需要

世界中の 電子航空バッグ市場 (EFB)は2023年に360万ドル規模でした。 2024年には402万ドルから2032年には761万ドルに成長すると予想され、この期間の年間平均成長率は8.3%です。絶えず進化する航空環境で、紙チャート、マニュアル、飛行計画書などで満たされた伝統的な飛行バッグは、早く過去の遺物になっています。先端技術をコックピットの心臓部に統合することによって定義される新しい時代、すなわち電子飛行バッグ市場(EFB)が開かれました。


情報源:


https://www.fortunebusinessinsights.com/jp/electronic-flight-bag-market-103689


電子フライトバッグ市場の主な企業のリストは次のとおりです。


エアバスSAS(オランダ)
ボーイング社(アメリカ)
コリンズエアロスペース(アメリカ)
L3Harris Technologies Inc.(アメリカ)
タレスグループ(フランス)
CMC Electronics Inc.(カナダ)
イェペセン(アメリカ)
アメリカ宇宙公社(アメリカ)
ルフトハンザシステム(ドイツ)
DAC International, Inc. (アメリカ)
Teledyne Controls(アメリカ)
エステルラインテクノロジーズ株式会社(韓国)
電子飛行袋の始まり
電子航空バッグ市場の概念は、航空業界の需要の増加に対応して1990年代に初めて登場しました。パイロットと航空会社は操作を簡素化し、物理文書の重量と体積を減らし、デジタル技術の力を活用して飛行の安全性と効率性を向上させようとしました。


EFBの初期バージョンは、チャート、チェックリスト、その他の必須フライト情報のデジタルバージョンを表示できるポータブルデバイスまたはラップトップコンピュータで構成され、比較的簡単でした。しかし、技術が発展するにつれて、EFBの機能は指数関数的に拡張され、飛行体験全体を再編成する重要な航空電子工学に変わりました。


EFB革命:タブレットからタッチスクリーンまで
EFB環境で最も顕著な変化は、かさばるノートブックからスタイリッシュで持ち運びに便利なタブレットへの移行でした。 iPadのような強力で軽量なタブレットコンピュータの導入は、パイロットが飛行データと対話する方法に革命をもたらしました。


これらの最新のEFBデバイスは、パイロットが指タッチだけで包括的なデジタルツールとリソースファミリにアクセスできる、ユーザーフレンドリーで直感的なインターフェースを提供します。面倒なバインダーを越えて複雑なソフトウェアインターフェースを探索した時代は過ぎました。 EFBは、シームレスなインタラクティブなコックピット管理の新しい時代を開きました。


強化された機能: 単なるディスプレイから統合ソリューションへ
EFB の機能は、単にデジタル チャートやマニュアルを表示するだけにとどまらず、さらに進化しました。これらのデバイスは現在、統合ソリューションとして機能し、さまざまな重要な飛行情報と機能を 1 つの集中プラットフォームに統合しています。


最も重要な進歩の 1 つは、リアルタイムの気象データと衛星ベースのナビゲーション システムの統合です。パイロットは高解像度の気象マップ、NEXRAD 画像、最新の空域状況の更新にアクセスできるようになり、情報に基づいた意思決定を行い、潜在的な問題を事前に予測できるようになりました。


さらに、EFB は航空機の航空電子システムとシームレスに統合できるため、高度、速度、エンジン性能などの重要な飛行パラメータの包括的な概要をパイロットに提供できます。この統合により、状況認識が強化されるだけでなく、飛行中のさまざまなタスクの自動化も可能になり、パイロットの作業負荷が軽減され、全体的な安全性が向上します。


飛行計画と運用の革命
EFB の影響はコックピットをはるかに超えて広がり、飛行計画と運用のエコシステム全体を変革しました。航空会社と航空当局は、飛行前の準備から飛行中の意思決定まで、プロセスを合理化および最適化する手段として EFB を採用しています。


最も重要な利点の 1 つは、飛行データをリアルタイムでアクセスして共有できることです。パイロットは、最新の気象情報や空域情報、改訂された飛行計画や許可を EFB デバイスで直接受信できるようになり、常に最新かつ正確な情報に基づいて運航できるようになります。


さらに、EFB は、飛行乗務員と地上の運用センターとの通信方法に革命をもたらしました。EFB は、データ交換のための安全で効率的なプラットフォームを提供することで、より効果的な調整を可能にし、意思決定の迅速化とリソース管理の改善を実現しました。


規制監督と運用承認
EFB テクノロジーの導入が進むにつれ、世界中の規制機関は、これらのデジタル ツールを航空業務に安全かつ効果的に統合できるように、ポリシーとガイドラインを調整する必要がありました。


米国では、連邦航空局 (FAA) が EFB デバイスとソフトウェアの承認と使用に関する包括的なフレームワークを確立しました。このプロセスには、安全基準と耐空性要件への準拠を保証するために、ハードウェア、ソフトウェア、および操作手順の徹底的な評価が含まれます。


同様の規制枠組みがヨーロッパ、アジア、その他の地域の航空当局によって策定されており、EFB が現代の飛行業務の重要な要素として世界的に認識されていることを反映しています。


課題と検討事項
EFBの多くの利点にもかかわらず、この技術を航空エコシステムに統合するには、いくつかのユニークな課題と考慮事項が提示されています。


主な懸念の1つは、サイバーセキュリティの脅威の可能性です。 EFB装置が航空機システムおよび地上ベースのネットワークとますます相互接続されるにつれて、サイバー攻撃およびデータ侵害のリスクが業界においてますます懸念されている。これらの新しい脅威から保護するには、強力なセキュリティ対策とプロトコルが不可欠です。


もう1つの課題は、パイロットが注意を気にし、デジタルツールに過度に依存する可能性があることです。 EFBは状況認識を向上させ、作業量を減らすことを目指していますが、パイロットが装置に集中しすぎて手動飛行技術や状況認識を失う危険性があります。これらのリスクを軽減するには、効果的なトレーニングと適切な運用手順の開発が重要です。


さらに、EFB技術への移行には、ハードウェア、ソフトウェア、およびインフラストラクチャへのかなりの投資が必要でした。


電子飛行袋の未来
航空業界が引き続きデジタルイノベーションを受け入れるにつれて、電子フライトバッグ市場は航空運航の未来を形成するためにますます重要な役割を果たす準備が整いました。技術が継続的に発展するにつれて、EFBの機能はさらに拡大し、効率、安全性、およびイノベーションがさらに向上することが予想されます。


今後の興味深い進歩の1つは、AI(AI)と機械学習(ML)をEFBエコシステムに統合することです。これらの先進技術は、意思決定、予測分析、およびさまざまな機内作業の自動化を強化し、パイロットの作業量をさらに削減し、全体的な飛行安全性を向上させる可能性を秘めています。


さらに、EFBを無人航空システム(UAS)や都市航空モビリティ(UAM)ソリューションなどの他の新興航空技術とシームレスに統合すると、より包括的で統合されたデジタルコックピットソリューションの開発につながる可能性があり、これは航空の本質を再定義するできます。航空作戦。


航空業界が発展し続けるにつれて、電子飛行バッグ市場は間違いなくこれらのデジタル革命の最前線に残り、革新を導き、効率を向上させ、より安全で持続可能な航空旅行の新しい時代を切り開きます。