stevecarell600のブログ

research and development in Aerospace and Defense

2027 年までのプッシュトーク市場規模、シェア、価格

2019年の 世界のプッシュツートーク市場規模 は120億ドルに達しました。予測期間中、年平均複合成長率(CAGR)10.0%に成長し、2027年には252億2千万ドルに達すると予想されます。北米は2019年の世界市場の37.41%を占め、支配的な地域でした。


この市場の成長は、大企業のクラウドベースのPush-to-Talk Over Cellular(PoC)ソリューションの採用が増加するにつれて主導されています。クラウドベースのPoCは、ワイヤレスPTTデバイスの侵入やマルチメディア共有などの機能を備えたリアルタイムのセキュア通信を提供し、通信ギャップを解決します。大企業は、ポータブル双方向通信、コスト管理、改善された通話管理、安全性と利便性の向上などの利点を活用するためにPTTを導入しています。


情報源:


https://www.fortunebusinessinsights.com/jp/industry-reports/push-to-talk-market-100079


プッシュツートーク市場の主な企業は次のとおりです。


モトローラソリューション(アメリカ)
Zebra Technologies Corporation(アメリカ)
AT&T知的財産権(アメリカ)
Verizon Wireless(アメリカ)
Qualcomm Technologies, Inc.(アメリカ)
ハリスコーポレーション(アメリカ)
ICOM Inc. (日本)
京セラ
シヤタモバイル(カナダ)
ECOM Instruments GmbH (米国)
ラグギア(アメリカ)
Telefonaktiebolaget LM Ericsson(スウェーデン)
ソム・テクノロジーズ(アメリカ)
下子(インド)
エアバスDSコミュニケーションズ(アメリカ)
押して送信とも呼ばれるPTT(Push-to-Talk)はおなじみの概念です。我々は、警察官と建設労働者が使用する無線機でこれらの現象を見たことがあります。しかし、PTTは既存のアプリケーションをはるかに超えて進化しました。この包括的なガイドでは、PTT技術のユニークな機能、新しいアプリケーション、および将来の可能性について詳しく説明します。


半二重を超えて:新機能を受け入れる


PTTの核心は半二重通信にあります。ユーザーはボタンを押していると話し、ボタンを離すと聞きます。しかし、最新のPTTシステムは、機能とユーザーエクスペリエンスを向上させるさまざまな機能を提供します。


グループ通話: 既存の通話とは異なり、PTTは指定されたユーザーグループと同時に通信できます。これは、迅速な調整が重要なチームに最適です。疑わしい活動に関する情報をすぐに伝える警備員チームを想像してください。


優先順位レベル: 重要な状況には即時の注意が必要です。 PTTシステムは、緊急性に応じて送信優先順位を指定して、重要なメッセージが最初に配信されるようにすることができます。


テキストとマルチメディア: 最新のPTTは音声以上です。ユーザーはテキストメッセージ、写真、さらにはビデオクリップまで共有でき、より豊富なコミュニケーション体験を提供できます。迅速な意思決定のために配送記事が破損したパッケージ写真を送信することを想像してください。


位置情報の共有: PTT は GPS と統合できるため、ユーザーは自分の位置情報をリアルタイムで共有できます。これにより、動的な環境で活動するチームの状況認識が向上します。消防士がリアルタイムの位置情報更新を使用して救助活動を調整する様子を想像してみてください。


相互運用性: PTT システムはさまざまなネットワークやデバイスに接続できるため、さまざまな機器を使用するチーム間のコミュニケーションを促進します。これは、複数の機関が関与する大規模な運用にとって非常に重要です。


PTT アプリケーション: コミュニケーションの新時代の到来


PTT の汎用性は、従来の用途をはるかに超えています。PTT がさまざまな業界のコミュニケーションをどのように変革しているかをここで紹介します。


公共の安全: PTT は警察官、消防士、救急隊員にとって生命線です。即時通信、グループ通話、位置情報の共有により、緊急時に迅速な対応と協調行動が可能になります。


輸送と物流: PTT は、トラック運転手、ディスパッチャー、倉庫担当者間のつながりを維持します。リアルタイムの更新、ルート変更、問題報告により、スムーズな運用と効率的な配送が保証されます。


製造および建設: PTT は、工場や建設現場の作業員間のコミュニケーションを促進します。即時の調整により、ダウンタイムが最小限に抑えられ、安全性が向上し、生産プロセスが合理化されます。


ホスピタリティと小売: PTT は、ホテル、レストラン、小売店のスタッフがシームレスにコミュニケーションできるようにします。サポートの迅速なリクエスト、在庫確認、セキュリティ更新により、顧客サービスと業務効率が向上します。


ヘルスケア: PTT は医師、看護師、その他の医療関係者を結び付け、患者の最新情報のリアルタイム提供、緊急時の調整、オンコールの専門家とのコミュニケーションを可能にします。


PTT の未来: イノベーションの推進


PTT の将来は刺激的な可能性に満ちています。注目すべき主なトレンドは次のとおりです。


IoT との統合: モノのインターネット (IoT) は職場を変革しています。PTT はセンサー データと統合できるため、ユーザーは機器の故障や環境の変化に関するアラートをリアルタイムで受信できます。工場の作業員が機械の過熱に関する PTT 通知を受け取り、すぐに行動を起こす場面を想像してみてください。


AI を活用した機能: 人工知能 (AI) は PTT 機能を強化できます。AI が PTT 会話を自動的に書き起こして簡単に参照できるようにしたり、翻訳して言語の壁を越えてリアルタイムでコミュニケーションできるようにしたりすることを想像してみてください。


クラウドベースの PTT: クラウドベースの PTT システムは、拡張性、柔軟性、コスト効率に優れています。ユーザーはインターネット接続があればどのデバイスからでも PTT サービスにアクセスでき、リモート チームのコラボレーションを促進します。


サイバーセキュリティの発展: PTTアプリケーションがさらに洗練されるにつれて、強力なサイバーセキュリティ対策が何よりも重要になりました。安全な通信プロトコルとユーザー認証は、データのプライバシーを保護し、不正アクセスを防ぐために重要です。


PTT:接続時代のための強力なツール


プッシュツートーク技術は、最初から多くの進歩を遂げてきました。新機能に対応し、イノベーションを促進し、さまざまな業界のニーズを満たすことで、PTTは接続時代のシームレスなコミュニケーションと強化されたコラボレーションのためのより強力なツールになる準備ができています。


このガイドの固有情報


このガイドでは、PTTの基本を超えて、優先度レベルのグループ通話、テキストとマルチメディア共有、位置追跡、相互運用性などの独自の機能を探索します。さまざまな産業分野でPTTアプリケーションを紹介し、革新的な影響を強調します。また、このガイドでは、IoT、AI、クラウドベースのソリューションとの統合の可能性など、PTTの興味深い未来を探ります。このユニークな側面に焦点を当て、このガイドは絶えず進化するコミュニケーション環境におけるPTTの重要性の包括的な理解を提供します。