stevecarell600のブログ

research and development in Aerospace and Defense

海上セキュリティ市場の主要企業の成長と2030年までの地域別

世界の 海洋保安市場規模は 2022年に316億9千万ドルで、2023年には326億7千万ドルから2030年には438億7千万ドルに成長し、予測期間中年平均成長率(CAGR)4.3%を示すと予想されます。海洋安全保障は、私たちの海と海を安全に保つことです。これは、船舶、港、その他の海洋インフラを保護するだけでなく、海を通る貿易の安全性を確保することに関連しているため、重要です。


情報源:


https://www.fortunebusinessinsights.com/jp/maritime-security-market-108421


海上セキュリティ市場の主な主要企業は次のとおりです。


コンスベルググループ(ノルウェー)
OSIマリンシステム(カナダ)
テルマ(デンマーク)
Elbit Systems Ltd(イスラエル)
BAEシステムPLC。 (私たちを)
ゼネラルダイナミックスコーポレーション(アメリカ)
Raytheon Technologies Corporation(미국)
タレスグループ(フランス)
レオナルド SPA(イタリア)
ハーバー研究所(ギリシャ)
海上セキュリティのいくつかの主な側面をより簡単な用語で見てみましょう。


違法複製と武装強盗:海上セキュリティの最大の課題の1つは、船舶を奪うか、貨物を盗むことを望む海賊や犯罪者の脅威です。これは通常、アデン湾やマラッカ海峡など、船舶の通行が多い地域で発生します。海軍パトロールや安全指令の遵守などの国際的な取り組みは、近年の海賊事件を減らすのに役立ちました。


海上テロ:海上テロは、テロリストが船、港、または海洋構造物を攻撃して混乱や被害を与えようとするものです。監視の強化、情報共有、国際的なセキュリティ規則の遵守などの措置は、これらのリスクを軽減するのに役立ちます。


港湾セキュリティ:港湾はグローバル貿易にとって重要であるため、それを安全に保つことが重要です。これには、アクセス権のある人を管理し、貨物に疑わしいものがないかどうかを確認し、監視システムを使用し、ISPS(国際船舶および港湾施設のセキュリティ)規則で定められたセキュリティガイドラインに従うことが含まれます。


海域認識:これは海で何が起こっているのかをよく理解することを意味します。レーダー、自動識別システム(AIS)、衛星などの技術を使用して船舶を監視し、異常を検出し、潜在的なセキュリティ脅威に対応します。


海洋法の執行:海洋活動に関する法律の執行を担当する機関は、海洋のセキュリティに重要な役割を果たしています。彼らは違法漁業、密輸、麻薬密売、人身売買などの犯罪に対抗して戦っています。このような犯罪に対抗して戦うためには、国と国際機関の間の協力が重要です。


サイバーセキュリティ:海上作戦で技術がさらに重要になるにつれて、サイバー攻撃から保護する必要があります。ハッカーは、ナビゲーションシステム、通信ネットワーク、またはデータシステムを標的とすることができる。これを防ぐためには、サイバーセキュリティ対策を強化し、認識を高め、サイバー事故に対応する準備を整えなければなりません。


地域協力:海洋安全保障のためには、同じ地域の国々が協力しなければならないことがよくあります。彼らは、情報を共有し、共同パトロールを実行し、共通のセキュリティ問題を解決するための能力を構築するのに役立ちます。


環境脅威:海上セキュリティには海洋環境保護も含まれます。これは、油流出、危険物質の不法投棄、乱流などを防止することを意味します。持続可能な発展と長期的な海洋安全保障のためには、健康的な生態系を維持することが重要です。


新興技術:進歩する技術を通じて、私たちは海上セキュリティを強化するための新しいツールとシステムを開発しています。これには、監視用無人機(UAV)、検査用水中ドローン、脅威を評価し、リスクを管理するための高度なデータ分析などが含まれます。


要約すると、海洋安全保障は海と海を安全に保つことです。これには、船舶、港、貿易を保護し、違法複製、テロ、サイバー脅威、環境問題などの問題を解決することが含まれます。国家間の協力と高度な技術の使用は、世界中の海洋安全保障を強化するための鍵です。